HOME > 採用情報 > 大野 諭史

社員紹介

どのような仕事をしているのですか?

テレビニュースの取材全般で、エリアを駆け回っています。
報道制作業務のうち、私は主に岡山県内の取材に携わっています。日によって、ストレートニュースやリポート取材、企画取材と変わります。取材する内容も、行政などの堅いものから、事件・事故、スポーツ、そして文化などなどバラエティーに富んでいます。

大野 諭史

大野さんの1日を教えてください。

9:30

出社(取材時刻で変わる)
新聞各紙やメール、その日の予定を確認

9:50

取材先へ

10:00

取材開始

10:50

帰社、昼刊ニュースの原稿作成・出稿

11:10

カメラマンと編集

11:50

昼のニュースを放送

12:30

昼食

13:00

取材先や担当クラブへ

17:00

夕刊ニュース出稿、カメラマンと編集

18:15

夕方ニュースを放送

19:00

番組終了後のミーティング

19:20

次の日の取材のリサーチなど

20:00

帰宅

今の仕事の醍醐味は?

日々、刻々と変わる“世の中”の最先端に触れられること、そして、その中で多種多様な人と話すことができることです。
ニュースは毎日、新しいことや変化したことを“世の中”に伝えることだと思います。
一足早く、その最先端の現場で見たことや当事者から話を伺い、“自分”というフィルターを通して、“世の中”に出すことは本当に面白いです。

今の仕事で大変なところは?

“世の中”の情報に敏感でいること。取材することが多様であるからこそ、
その多様な内容に応えられる知識も必要になることがあります。そのために日頃から情報に敏感でいることが求められます。
また、物事を一方向だけでなく、多角的にみて、バランスを保てるようにすることも必要とされます。

後輩へのアドバイスをお願いします。

いろんな視点から物事を見つめてみてください。
そうすれば、今まで興味がなかったことを「面白い」と感じられるかもしれません。取材には多角的な視点が大切!まずはいろんなことに興味を持つことから始めると自分の世界観が広がるかもしれません!?