HOME > 採用情報 > 宮本 浩樹

社員紹介

どのような仕事をしているのですか?

テレビ局の収入の核となる CMに関する仕事です。CMは、スポンサーがCMを流したい時間帯や番組によって金額が変わります。
その値段を決めて管理することが私の仕事です。
毎日、営業と相談をしながらスポンサーニーズにあった金額と番組の提案をしています。

宮本さんの1日を教えてください。

9:15

出社

9:30

確認書データの取り込み

9:40

CMのチャンス指定チェック

10:00

見積りと作案(CMを流す時間を決める作業)

12:00

百菜家もしくは少し歩いて昼食へ

13:00

見積りと作案の続き

15:30

テレビショッピングのデータ入力

17:00

代理店へ案出し(作案したものの提出)

20:00

帰宅

宮本 浩樹

今の仕事の醍醐味は?

現在は、東京と大阪のスポンサーの一部を担当しています。東京・大阪はスポンサー数や業種も多種多様です。
季節や流行によって、多額の広告費を投資している業種、逆に抑えている業種をいち早く知ることができます。
そこから、世の中の情勢や元気のある業界などを、身をもって感じながら仕事をしています。
会社の収益に直結する仕事なので、プレッシャーもありますが、世の中の流れを知ることは、純粋に面白く、やりがいも感じています。

今の仕事で大変なところは?

テレビ局も人間と同じで、それぞれの個性があります。スポンサーは、全てのテレビ局でCMを流すわけではありません。その個性を見極めるために、地区やテレビ局で競合にかけることがあります。テレビ局ごとに得意なもの、不得意なものがあります。その不得意な部分を、いかにプラスに見せる提案ができるかによって勝敗が決まります。そのためには、スポンサーのニーズは?契約の決め手となるものは?といった情報も必要になります。これらを知った上で、少しでも良い提案ができるように頑張っています。

後輩へのアドバイスをお願いします。

テレビ局の仕事と言えば、華やかな印象を持っているかもしれませんが、実際は地道で責任の重い仕事です。しかし、他の会社では経験できない仕事内容や魅力があり、やりがいは十二分にあります。自分のやりたいこと(仕事)を探し出すことは大変ですが、少しでも興味を持ったことは “調べる・やってみる”ことで、自分が本当にやりたいことが見えてくるのではないかと思います。